プログラム

日程表

日程表

特別講演

特別講演1(大会長鼎談)PDF

9月27日(金)13:00〜14:30 第1会場(5階・大ホール)

看護の知と技の継承 〜看護師がすること AI・IoTに委ねること〜
  • 座長・演者:相馬 泰子(NTT東日本関東病院 看護部 副看護部長)
  • 演者:大久保清子(公立大学法人福井県立大学 理事/看護福祉学部 特任教授)
  • 演者:真田 弘美(東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻老年看護学/創傷看護学分野 教授)

特別講演2PDF

9月28日(土)9:00〜10:30 第1会場(5階・大ホール)

2025年以降を見据えた日本の医療のこれから
  • 座長:相馬 泰子(NTT東日本関東病院 看護部 副看護部長)
  • 演者:迫井 正深(厚生労働省 大臣官房審議官)

20回記念講演

9月28日(土)15:00〜16:00 第1会場(5階・大ホール)

キュア中心からケア中心へ、看護ICTで一歩先へPDF

  • 座長:相馬 泰子(NTT東日本関東病院 看護部 副看護部長)
  • 演者:宇都由美子(鹿児島大学病院 医療情報部 部長兼副病院長)

教育講演

9月28日(土)10:40〜11:50 第1会場(5階・大ホール)

残る看護は何だろう -何を引き受け、何をまかせるのかPDF

  • 座長:石垣 恭子(兵庫県立大学大学院、日本医療情報学会 看護部会長)
  • 演者:坂本 すが(東京医療保健大学 副学長)

シンポジウム

シンポジウム1

9月27日(金)14:40〜16:00 第1会場(5階・大ホール)

医療情報学と看護理工学の融合
  • 座長:真田 弘美(東京大学、看護理工学会 理事長)
  • 座長:石垣 恭子(兵庫県立大学大学院、日本医療情報学会 看護部会長)
  • 整形病棟の大規模ナースコールログデータにおける疾患・手術に伴うコール数の比較
  • 演者:野口 博史(東京大学大学院医学系研究科 ライフサポート技術開発学(モルテン)寄付講座)
  • 超急性期病院における看護業務分析
  • 演者:岡田みずほ(長崎大学病院)
  • 看護師の電子カルテシステムを用いた患者情報の収集における閲覧情報項目の傾向性について
  • 演者:高見 美樹(兵庫県立大学)

シンポジウム2

9月28日(土)13:15〜14:45 第1会場(5階・大ホール)

クリニカルパスの標準モデルとエビデンス創出 〜看護師の役割と、パスへの期待〜
  • オーガナイザー・座長:中島 直樹(九州大学病院メディカル・インフォメーションセンター)
  • 座長:小妻 幸男(済生会熊本病院)
  • 演者:西岡 智美(済生会熊本病院)
  • 演者:片山 洋子(四国がんセンター)
  • 演者:山田 由美(NTT東日本関東病院)
  • 演者:北村佳代子(九州大学病院)

ワークショップ

ワークショップ1

9月27日(金)16:20〜17:50 第1会場(5階・大ホール)

看護Creative ─見せる化の看護、ものづくりの看護─
  • オーガナイザー・座長:岩穴口 孝(鹿児島大学病院 医療情報部)
  • 座長:横田慎一郎(東京大学医学部附属病院 企画情報運営部)
  • 演者:中尾 正寿(NTT東日本関東病院)
  • 演者:岩本 大希(WyL株式会社 ウィル訪問看護ステーション江戸川)
  • 演者:吉岡 純希(慶応義塾大学 SFC研究所)
  • 演者:高橋 聡明(東京大学大学院医学研究科)

ワークショップ2

9月27日(金)12:30〜17:10 ワークショップ会場(1階・展示ホール1)

病院経営シミュレーションゲーム研修『CHANGE』〜病棟稼働率1%減の減収額はいくら?〜
  • オーガナイザー:兄井 利昌(株式会社日本経営)
  • 演者:南雲 千尋(株式会社日本経営)

ワークショップ3

9月28日(土)9:30〜11:30 セミナー会場(2階・蓬莱)

あなたの看護実践知をパスにいかす ─標準看護計画からパスを作ってみましょう!─
  • オーガナイザー:大久保清子(一般社団法人日本看護業務研究会 代表)
  • 演者:村木 泰子(一般社団法人日本看護業務研究会)

ワークショップ4

9月28日(土)13:15〜14:45 第4会場(2階・桃源)

手書き削減を意識した記録支援システム
  • 座長:瀬戸 僚馬(東京医療保健大学/日本医療情報学会看護部会病棟デバイスWG長)
  • 座長:保坂 良資(湘南工科大学/日本生体医工学会ユビキタス情報メディアと医療システム研究会長)
  • パネリスト:小林 正和(アークレイマーケティング株式会社 事業推進部)
  • パネリスト:飯田彩優花(東邦ホールディングス株式会社 地域医療連携室)
  • パネリスト:柳通 幸一(株式会社日立情報通信エンジニアリング)
  • 特別発言:Prof. David Liu(Show Chwan Health Care System OmniHealth Group Inv.)

チュートリアル

共催:厚生労働科学研究「地域の実情に応じた医療提供体制の構築を推進するための政策研究」班

9月27日(金)14:40〜15:30 第2会場(5階・小ホール)

地域医療構想を強く意識した標準マスターの活用法
〜「回復期等移行チェックリスト」の実装に向けて〜
  • 座長:小林 美亜(静岡大学)
  • 座長:瀬戸 僚馬(東京医療保健大学)
  • 登壇者:瀧  翔哉(厚生労働省医政局地域医療計画課主査)
  • 登壇者:岡峯 栄子(一般財団法人医療情報システム開発センター)
  • 登壇者:木戸須美子(一般社団法人保健医療福祉情報システム工業会)
  • 登壇者:中西 寛子(神戸市立医療センター中央市民病院)
  • 登壇者:野田 龍也(奈良県立医科大学)

クリニカルパスセミナー

9月27日(金)9:30〜11:40 セミナー会場(2階・蓬莱)

共催:パス関東友の会

今さら聞けないパス分析 〜基礎ダイジェスト編〜
  • オーガナイザー:村木 泰子(パス関東友の会 副代表/NTT東日本関東病院)
  • ファシリテーター:村木 泰子(パス関東友の会 副代表/NTT東日本関東病院)
  • ファシリテーター:年光 康雄(パス関東友の会 副代表/総合病院国保旭中央病院)
  • ファシリテーター:高田  礼(パス関東友の会 監事/済生会横浜市東部病院)

ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1

9月27日(金)11:55〜12:55 セミナー会場(2階・蓬莱)

ナースコールを活用した働き方改革を考える
  • 座長:大久保清子(福井県立大学 理事、看護福祉学部)
  • 演者:佐藤 美幸(NTT東日本関東病院)
  • 演者:玉川 礼子(横浜市医療局病院本部)
  • 演者:星野  靖(魚沼基幹病院)

ランチョンセミナー2

9月28日(土)12:00〜13:00 第3会場(2階・福寿)

「もっとベッドサイドに」〜直接看護量の増大を支援するためのシステム/センサーの可能性
  • 座長:宇都由美子(鹿児島大学病院 医療情報部)
  • 演者:佐藤 美幸(NTT東日本関東病院 看護部)
  • 演者:原﨑真由美(織田病院 看護部)

ランチョンセミナー3

9月28日(土)12:00〜13:00 第4会場(2階・桃源)

IBM WatsonはじめとするAIの医療分野における活用について
  • 座長:関  雅子(日本アイ・ビー・エム株式会社 ヘルスケアトランスフォーメーション)
  • 演者:小林 俊夫(日本アイ・ビー・エム株式会社 ヘルスケア&ライフサイエンスサービス)

ランチョンセミナー4

9月28日(土)12:00〜13:00 セミナー会場(2階・蓬莱)

看護記録 〜看護師がすること、IoT ・ICTに委ねること〜
  • 座長:横田慎一郎(東京大学医学部附属病院)
  • 演者:村岡 修子(NTT東日本関東病院)

スイーツセミナー

スイーツセミナー1

9月27日(金)14:40〜15:40 セミナー会場(2階・蓬莱)

〜看護師がすること、ICT・IoTに委ねること〜 テクノロジーと看護管理 〜人材育成〜
  • 座長:大久保清子(福井県立大学 理事、看護福祉学部)
  • 演者:野上さとみ(NTT東日本関東病院 看護部)

スイーツセミナー2

9月28日(土)15:00〜16:00 第3会場(2階・福寿)

看護部門での調剤・投与におけるGS1バーコードの活用について
  • 座長:折井 孝男(河北総合病院)
  • 演者:矢野 啓子(市立伊丹病院)

一般口演

一般口演1

9月27日(金)15:40〜16:40 第2会場(5階・小ホール)

看護情報教育

座長:安藤 瑞穂(東京医療保健大学)

  • O-1-1A病院看護部における記録ITシステム委員会の活動の現状と課題
  •  丹山 直人(一般財団法人平成紫川会 小倉記念病院)
  • O-1-2救急看護記録電子化に向けての取り組み
  •  加藤 貴則(秋田大学医学部附属病院 ICU1 救急外来)
  • O-1-3看護支援システムの満足度とアセスメント記録の困難性に関する実態調査
  •  細井優美子(兵庫県立大学 応用情報科学研究科)
  • O-1-4クリニカルパス機能を活用したアウトカム志向型標準看護計画の構築と活用
  •  石井 敦子(三井記念病院 看護部)

一般口演2

9月27日(金)16:45〜18:00 第2会場(5階・小ホール)

看護管理における情報分析と活用

座長:永野 智恵(近森病院)

  • O-2-1クラウドコンピューティングを活用した多職種連携協働(チーム医療)の実態を計測するAITCS-II-Jシステム
  •  松下 博宣(東京情報大学 看護学部)
  • O-2-2「働き方・休み方改善指標」を用いた「働きやすい職場作り」の構築を目指して
  •  玉上佐知子((公財)東京都保健医療公社 荏原病院)
  • O-2-3看護職の就職促進サイト活用の実践報告 〜障壁と障壁を打破するプロセス〜
  •  長坂 桂子(NTT東日本関東病院)
  • O-2-4人事考課制度導入に連動した看護人材の能力把握と教育面への活用
    ─慢性期中小規模病院における情報活用の実践的取り組み─
  •  石田  円(一橋大学大学院経営管理研究科、医療法人社団敏和会 西砂川病院)
  • O-2-5大規模ナースコールログデータのコール数・種別の病棟間比較と経年増加要因
  •  森  武俊(東京大学大学院医学系研究科 ライフサポート技術開発学)

一般口演3

9月28日(土)9:00〜10:30 第3会場(2階・福寿)

病院情報システム、医療安全における情報技術の活用、看護計画・看護記録

座長:中西 寛子(神戸市立医療センター中央市民病院)

  • O-3-1eXChartを利用した入院時スクリーニングシートの開発
  •  板山伊利子(東京都立多摩総合医療センター)
  • O-3-2安全な輸液管理を目指したICT活用の輸液管理システムの有用性の検討
  •  松本 智晴(熊本大学大学院生命科学研究部環境社会医学部門 看護学講座)
  • O-3-3医療情報科学授業におけるリスクリタラシーの一検討
  •  漆畑  保(高津看護専門学校 情報科学担当)
  • O-3-4慢性疾患患者の行動変容、セルフマネジメント能力向上を支援する保健指導問診・介入支援システムの開発 ─中間報告─
  •  加澤 佳奈(広島大学大学院医系科学研究科成人看護開発学)
  • O-3-5看護学博士論文公開の状況と引用文献分析
  •  今田 敬子(看護図書館情報研究会)
  • O-3-6臨床看護研究においてケアの効果検証に使用されるデータの特徴
  •  高島 真美(医療法人医誠会 看護研修センター)

一般口演4

9月28日(土)9:15〜10:30 第4会場(2階・桃源)

看護業務改善①

座長:岩穴口 孝(鹿児島大学病院)

  • O-4-1院外研修参加者の家庭内労働割合や専門職資格取得の意向と院外研修参加の影響要因の関係
  •  髙橋由起子(岐阜大学医学部看護学科成人老年看護学講座 成人看護学急性期分野)
  • O-4-2認知症看護に関するeラーニング学習経験が認知症ケア能力に与える影響
  •  松田 光央(医療法人医誠会 認知症対策室)
  • O-4-3国公立大学病院に勤務する4〜9年目の看護師のワーク・エンゲイジメントと自覚症状の関連
  •  名和 祥子(朝日大学 保健医療学部看護学科)
  • O-4-4学学連携による看護系大学の多職種連携教育(IPE)実践の試み
  •  水口恵美子(東京有明医療大学 看護学部看護学科)
  • O-4-5看護実習における実習生の遠隔状況把握支援のための行動データ収集
  •  小寺 祐生(高知工科大学 情報学コース)

一般口演5

9月28日(土)13:15〜14:45 第3会場(2階・福寿)

看護業務改善②・病院マネジメント

座長:石原 照夫(東京医療保健大学)

  • O-5-1応援看護師がベッドサイドで必要とする情報
  •  渡部 昌子(JCHO星ヶ丘医療センター)
  • O-5-2看護用語のマスター化による看護記録の定量化とその可視化
  •  髙山 洋平(済生会熊本病院 クリニカルパス分析専門部会)
  • O-5-3看護管理業務等にRPAを取り入れたことによる業務の効率化の実現
  •  相馬 泰子(NTT東日本関東病院 看護部)
  • O-5-4病院機能評価(一般病院3<3rdG:Ver.2.0>)の受審に向けてのシステム対応とその評価
  •  宇都由美子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科医療システム情報学)
  • O-5-5医療器具関連感染サーベイランスにおける課題解決〜多職種・多部門連携による実例〜
  •  松本 聡子(NTT東日本関東病院)
  • O-5-6傾向スコアマッチング法によるクリニカルパス完遂群/非完遂群の群分けと在院日数の比較
  •  古畑 宏樹(宮崎大学医学部附属病院 病院IR部)

ポスター

ポスター1

9月27日(金)17:10〜18:00 ポスター会場(1階・展示ホール1)

病院情報システム、地域連携における情報共有、看護計画・看護記録

座長:高見 美樹(兵庫県立大学大学院)

  • P-1-1看護業務支援デバイスに関する課題
  • 福島 紀子(NTT東日本関東病院 看護部 医療情報管理部門) 
  • P-1-2地域包括ケアシステム内における情報共有に関する研究
    -急性期病院の退院時看護要約に焦点を当てて
  •  岡部 春香(東海大学医学部看護学科・東京医療保健大学大学院)
  • P-1-3モバイル端末を用いた急性期病院と訪問看護師の情報連携取り組みの評価
  •  大北美恵子(福井大学医学部附属病院 看護部)
  • P-1-4ケアプロセスの可視化(第一報)
  •  後藤 芳美(大分大学医学部附属病院)
  • P-1-5確実な看護計画のケア実施に向けた看護記録監査からの取り組み
  •  西口真由美(長崎大学病院 看護部/医療情報部)

ポスター2

9月28日(土)9:15〜10:25 ポスター会場(1階・展示ホール1)

看護業務改善、看護情報教育①

座長:菖蒲澤 幸子(日本赤十字秋田看護大学)

  • P-2-1電子カルテ導入前後における業務量調査と看護ケア量の実態に関する研究
  •  福山 寛乃(社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター 愛育病院)
  • P-2-2情報の一元化のための退院支援テンプレートの有用性の検討
    〜病棟看護師の能力向上を目指して〜
  •  胡   美恵(県立安芸津病院)
  • P-2-3位置情報システムを用いた夜勤業務者の振り返り実態調査
    〜応答時間が長かった上位5件のナースコールの視点から〜
  •  宮越 宏幸(福井大学附属病院 看護部)
  • P-2-4手術室における10%ポビドンヨードによる皮膚障害の予防の試み
  •  玉井 俊子(医療法人平成会 八戸平和病院)
  • P-2-5Visual Basic for Applications(VBA)で開発した業務支援ツールによる業務改善の取り組み 〜看護師が作るシステムの効果と意義〜
  •  田中 靖弘(公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院)
  • P-2-6看護の質の向上に向けたアウトカム志向型クリティカルパス教育
  •  山田 由美(NTT東日本関東病院)
  • P-2-7医療情報取り扱いモラルの向上を目指した看護部IT委員会の取り組み
  •  窪田 有里(尾道市立市民病院)

ポスター3

9月28日(土)13:15〜14:45 ポスター会場(1階・展示ホール1)

病院マネジメント、看護情報教育②

座長:勝俣 良美(NTT東日本関東病院)

  • P-3-1DPCデータから分析したカルバペネム使用患者の特徴分析
    ―抗菌薬適正使用支援加算算定前後の比較―
  •  森野 幸代(市立岸和田市民病院)
  • P-3-2看護師の経営参画意識の向上を目指した、多職種協同による、救命救急入院料の算定件数増加への取り組み
  •  益子みどり(那須赤十字病院 看護部 救命救急センター)
  • P-3-3看護師の医療情報倫理に関する課題と対策
  •  石川 智康(NTT東日本関東病院 看護部医療情報管理部門)
  • P-3-4高校までの連続性を考慮した看護系大学での情報倫理教育のための情報モラルチェックシートの開発
  •  品川 佳満(大分県立看護科学大学 健康情報科学研究室)
  • P-3-5新人看護師に求められる情報活用能力の修得を目標とした看護学生向け看護情報学の教育評価
  •  遠藤 良仁(岩手県立大学)
  • P-3-6看護基礎教育課程における看護情報学アドバンストカリキュラム開発のための看護情報能力尺度の検討
  •  坂本 仁美(長崎県立大学看護栄養学部看護学科)
  • P-3-7大学教員による遠隔授業に対する病院看護師・看護管理者の評価
  •  菖蒲澤幸子(日本赤十字秋田看護大学 看護学部)
  • P-3-8精神科病院で看護師同士が使用するオノマトペの現状とその意味 〜申し送りの場面から〜
  •  牧野  綾(碧水会長谷川病院 C3病棟)
  • P-3-9臨床工学技士による病棟据え置き医療機器の保守管理
  •  中島 大輔(医療法人財団聖十字会 西日本病院 透析室)